平成24年度常磐学園同窓会総会・懇親会が開催されました

  • 更新日:
  • 報告

20121100_tokiwa_2[1]

平成24年11月11日(日)11時より、北九州市小倉北区浅野のリーガロイヤルホテル小倉におきまして平成24年度同窓会総会・懇親会が開催されました。

 

11時に開かれた総会では、菊池満副会長(第65期生)の司会進行により、黙祷、会長挨拶に続いて、議長団選出があり、議長に山野満行幹事(第21期生)、副議長に幾島範章幹事(第48期生)と佐藤栄作幹事(第67期生)が全会一致で選任され、経過報告、会計報告、会計監査報告、役員選考委員会選考結果報告などの議案が審議されました。

議事終了後は、再任された隅田一稔会長(第30期生)より新役員紹介があり、引き続いて永年勤続教職員並びに退任同窓会役員表彰があり、対象者に表彰状や感謝状が贈呈されました。

12時30分に開催された懇親会では、金原達也総会実行委員(第46期生)とレポーターの今田裕子さんの司会進行により、北川欣也総会実行委員長(第46期生)挨拶、隅田一稔会長(第30期生)挨拶、来賓を代表して、権堂宗啓理事長先生と吉村俊治校長先生が挨拶されました。その後、磯村宜勝関東支部長(第31期生)と福元義弘関西支部長(第32期生)からの支部報告に続いて、来賓紹介、祝電披露があり、アトラクションとして軽音楽部の生徒による演奏と少林寺拳法部の生徒による演武が行われた後、松尾正義相談役(第8期生)の発声により高らかと乾杯が唱和され、開宴となりました。

旧制常磐中学校、新制常磐中学校、新制常磐高等学校の卒業生が一堂に会し、先輩・後輩の垣根を越えて在校中の思い出話に花を咲かせました。

卒業生有志が登壇しての校歌斉唱、隅田会長と磯村関東支部長、福元関西支部長の三氏の先達による万歳三唱の後に、林洋之副会長(第44期生)が謝辞を述べ、八十有余年の歴史と伝統に輝く北九州の私学の雄である母校の弥栄を祈念して散会となりました。