第28回常磐高等学校芸術展が開催されました

  • 更新日:
  • 母校の近況

20111210_tokiwa_8[1]

20111210_tokiwa_9[1]

20111210_tokiwa_10[1]

20111210_tokiwa_11[1]

20111210_tokiwa_2[1]

20111210_tokiwa_3[1]

20111210_tokiwa_4[1]

20111210_tokiwa_5[1]

20111210_tokiwa_6[1]

20111210_tokiwa_7[1]

平成23年12月2日(金)より7日(水)までの6日間にわたり、北九州市小倉北区船場町の小倉井筒屋新館パステルホールにおきまして、第28回常磐高等学校芸術展(後援;北九州市、北九州市教育委員会、福岡ニュージーランド領事館)が開催されました。

この芸術展は、昭和59年より毎年開催されており、母校の伝統行事のひとつとして定着しています。本年は、美術・陶芸・書道の各部に所属する生徒の作品や市民公開講座「陶芸教室」受講生の皆様の作品、国際交流を続けているニュージーランドのキャトリンズ・エリア・スクールの子供たちの作品も展示、数多くの方々にご来場頂き好評を博しました。

昭和4年の創立以来、常磐高等学校は芸術教育にも力を入れており、今年度もデザイン部門で二科展準入選、書部門で県展入選を果たし、絵画・陶芸・書道の各部門の総合優秀賞である福岡県知事表彰を41年連続で受賞しております。「芸術の常磐」の今後ますますの活躍に期待が寄せられます。